読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな今日この頃でして、、、

コード書いたり映画みたり。努力は苦手だから「楽しいこと」を探していきたい。

MetalGearSolid2と3クリアした!あとtorneアップデートしたった!

ゲーム ガジェット MGS

レガシーコレクション進める今日この頃。

シリーズはPSの無印、PSPのPW(あとPOとACIDも)やってきたが、ゲームとしてもストーリーとしても飽きない面白さがある。

MGS2


Metal Gear Solid 2 [E3 2000] Trailer - YouTube

流石に前に「Last of the Us」をやってからのPS2初期のゲームはヴィジュアル的にも操作性的にもキツイなーというのが第一印象。

俺のエリーがこんなにアグレッシブなわけがない 〜The Last of US感想〜 - そんな今日この頃でして、、、

昨今一般的なキャラの背後をカメラが追従する視点ではなく、場所場所での固定視点なのは今やるとちょっと辛いなという感じはある。

まあそれも話を進めていくうちに十分慣れられる程度のレベルだが。


本作は発売当時、スネークを操作することができないということかなり顰蹙を買っていた。

しかし、逆に言えば他者から伝説の兵士「スネーク」をみる貴重な作品であり、MGSサーガ全体の流れでいえば「愛国者たち」が初めて本格的に登場する重要な作品でもある。


ゲームの構成としてみると、やたらと操作しずらい水中ステージがあったり大半が爆弾探しのお使いに費やされたりでかったるい印象もあるし、終盤の過剰なSFっぽさには異物感があるにはあるが、それでも押さえておきたい作品であることには変わりはない。

MGS3


Metal Gear Solid 3 Snake Eater Trailer [HD] - YouTube

MGS2からするとヴィジュアルも操作性も隔世の感がある。

キャラの表情はより人間的になり、操作の自由度もグッと今時っぽくなっているが、これでも発売はPS2時代のものなのだから驚きだ。

そして何よりシリーズの「始まり」が語られる作品でもある。


力の入ったOPから始まり各種のセリフから展開まで映画っぽい演出が魅力。

スパイ映画のようにスリリングな展開と、それでいてランボーのような激しい戦闘も楽しめる。


ゲームとしてみると、時代設定の関係でレーダーなどが無くなり難しくなったかなと思ったが、スコアさえ気にしなければ割と力押しでいけた。

前作と比べると全体にそこまでストレスフルな要素は少なく、かなりストーリーに浸れる作りになっている。

その他:Torneアップデート

今日(2013/12/12)はtorneがv4.5にアップデート。

PlayStation®3(PS3®)専用TVアプリケーション「torne(トルネ) ™」PlayStation®Vita専用TVアプリケーション「torne(トルネ) ™ PlayStation®Vita」12月12日(木)にオンラインアップデートを実施~録画番組へのチャプター自動生成機能を追加~~ニコニコ実況連携機能をPS3®専用TVアプリ「torne(トルネ)™」に追加~ | プレイステーション® オフィシャルサイト

内容は視聴および録画がニコニコ実況への対応チャプターの対応

チャプターの方はnasneが録画中でファームのアップデートができないので体感できてないが、ニコニコ実況の方はなかなか面白いなと思った。

ニコニコ実況

視聴画面の△ボタンメニューから選択できる。

Twitterのタイムライン表示が映像を小さくして右側に表示する形式なのに対して、こちらは小さくした映像枠の外側に文字が流れる形式。

折角ニコニコ形式なのだから映像枠を小さくせずに文字を重ねてくれた方が良かったのになという気はするが、文字で画面が見えないような状況を作らないための配慮なのだろうか。


実際にこの機能を使ってみると、既存のTwitter連携機能の上から下に流れるタイムライン形式よりはるかに流し読みがしやすいことに気付く。

これは左から右に読むという文章の特性と流れ方が一致していることと、個別の枠では無く画面全体で「雰囲気」で読めることに起因している。

会話するには向かないが一緒に盛り上がるには最適な形式であり、改めてニコニコの先見性を感じる。


また、地味に面白いなと思ったのがコメントの分速をグラフ化する機能

例えばスポーツ観戦などの録画で美味しいところだけをサーチして観ることができそう。


チャプター

朝のニュースを録画したところ、画面の転換が大きく変わる所に自動で区切りを入れてくれてるように感じる。

適切ではないなと感じる箇所もあるものの、通常の報道と天気予報への区切りとか最後のまとめとかについては綺麗にチャプター化されていた。

これまではLRで大雑把に移動して微調整したり、シーンサーチで目を皿にして目的の場所を探していたが、左スティックで必要なチャプターにすぐ移動できるようになったのは凄く楽で良いなと思う。



僕の実家は数少ないPSXを持っている家庭で、アレは「録画もできるゲーム機」という感じだった。

しかし、torneはテレビの視聴体験について通常の録画機とは異なるベクトルの価値を提案しているところに好感が持てる。

torne (トルネ) (CECH-ZD1J)

torne (トルネ) (CECH-ZD1J)

iPod登場からのApple躍進以降、何かと比較され貶されがちだったSony製品ではあるが、ことこのtorne/nasneシリーズについては本当にクールだと思う。