読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな今日この頃でして、、、

コード書いたり映画みたり。努力は苦手だから「楽しいこと」を探していきたい。

2014春アニメ感想

アニメ

続々と春開始のアニメが終了する時期になってきたので。 観終わったやつから追加してく予定。

アルドノア・ゼロ

アルドノアドライブという超科学技術をもった火星がはるばる地球に侵略にやって来た!

所謂スパロボ的なロマン満載の火星の機体を、類稀な戦術眼を持つ主人公がリアルロボ的な機体で大人げなく倒していく、有りそうでなかったタイプのロボアニメ。

(「練習機」という言葉に騙されがちだけど、描写みる限り地球側の機体てスペック的には十分強いよね。むしろ一芸だけで無双してた火星騎士が有能なのでは。)

方々で云われるようにツッコミどころは色々あるし、何より一番最初に登場した攻防一体バリア機が一番強そうに見えて後に登場する機体にあまり凄みが感じられなくなってしまったのが辛いとこではあるが、それでも毎週「次は何が来るんだろう」とワクワクせずにはいられなかった。


最後の機体のせいでアルドノアドライブのルール(どこまでできる、何個まで使える)がよくわからなくなってしまった感ある。

スレインがドライブを動かせた理由は?イナホと姫はどうなったのか?果たしてマリト大尉の活躍はあるのか?二期が楽しみである。

東京喰種

グールという人種が存在する東京、人とグールの中間となってしまった主人公の苦悩、人間とグールの対立。

亜人種社会ものという意味では近い構造の作品は吸血鬼なんかでいくつもあるけれど、本作は「グール」としたところが絶妙。どうあっても人間と相容れない悲壮感がうまく表現されている。


映像の良さキャラの良さでかなり引き込まれたのだが、積み上げてきたものをすっとばして新展開満載の最終話でひどい尻切れ感。二期が来年からという噂もあるが、どうなるのだか。

連載中の漫画の販促という意味では良かったと思う(僕も買い揃えようかと思った)が、肝心の原作漫画も突然の連載終了とのこと。別タイトルで続編が出るとのことだが・・・

月刊少女野崎くん

全くノーマークだったが、最終的には今期一番次週が楽しみなアニメだった気がする。

4コマものということで気楽に消化出来たのも良かった。

ネタもなかなか笑えたし、全てのキャラクターに愛着が沸く。何よりコロコロ変わる千代ちゃんが可愛い。

東京ESP

前作のキャラも登場させ、最初からクライマックスな1話。そこに至るまでの過程を2話から描き、最後の2話で1話の続きを描く面白い構成。

が、特に前作等も把握してない身には1話は置いてきぼり感あったし、シリアスな展開のはずなのにシリアスになり切らない描写には苛立ちすら覚えた。

二期を匂わせる終わり方だが、僕はもういいや。

残響のテロル

今期のトップ・オブ・オサレアニメ。

絵柄・音楽とハイレベルだったのだが、話のクオリティがついて来なかった印象がある。

テロ・核・秘密保護法・Torなど色々と旬なキーワードが散りばめられているが、ちょっと使われ方が雑。


途中で出てきたハイブさんも賢い設定な割には強引な手法しか使わない・・・挙句「それ?」ていう動機。賢い設定のはずなんだけど、終わってみれば「監視カメラの操作が上手い短気な人」以外の印象がない。

終わってみれば「国家的な陰謀に贖う子ども」というよく見る陳腐の話だし、じゃああんな荒っぽい手段使わなくてもメディアに暴露するだけで十分「爆弾」になり得たんじゃないかっていう気もするし。

勢いで楽しむ分には良かったと思うが、見た目ほど緻密な話ではなかった。


太陽を盗んだ男』は「強大な力」を手にしながらもそれを持て余す「理由なき犯行」だったから面白いんであって、そこに有りがちな動機付けや陳腐な政治的メッセージが入っちゃ味消し。

太陽を盗んだ男 [DVD]

太陽を盗んだ男 [DVD]

スペース☆ダンディ

かの名作カウボーイビバップのスタッフ(+豪華なゲストクリエイター陣)が送る一話完結宇宙コメディ。

24話とか前に読んだ『Self-Reference ENGINE』みたいな雰囲気だなーと思ったら、本当に円城塔が脚本で参加してた!

最近読んだ本とか - そんな今日この頃でして、、、

毎話、頭を空っぽにして気軽に見れる感じが良かったが、最終話ではちゃんとSFとして綺麗に収めてきた。

各所にパロディがちりばめられていて、正にお祭り作品という感じだった。

M3〜ソノ黒キ鋼〜

M3~ソノ黒キ鋼~ Blu-ray BOX 1

M3~ソノ黒キ鋼~ Blu-ray BOX 1

いやに進みが遅い導入とイマイチ見どころのないアクションで全くというほど人気が無かったんだけど、久々にセカイ系ロボの空気感があって個人的にはちょっと気になっていた作品。

2クール目に入って伝奇っぽい背景が出てきてからはちょっと面白かったが、終盤にはちょっと雑な印象を受けた。

佐藤順一監督インタビュー後編 『M3~ソノ黒キ鋼~』、ばらまかれたピースをはめる岡田麿里にビックリ | アニメ!アニメ!

“とにかくいろんな部品を揃えてもらって、あとで理屈付けしていく方向” とのことだが、あぁ通りで・・・という感じ。

イワト・ライカのペアが最後まで平和だったの逆にびっくりした。絶対何か悲惨な事になると思ってたのに!!!

キャプテン・アース

スタドラ製作陣ってことで期待してたんだけどね。。。

キャプテン・アース VOL.1 初回生産限定版[Blu-ray]

キャプテン・アース VOL.1 初回生産限定版[Blu-ray]

ものっそい薄いストーリーを引き伸ばし引き伸ばし2クールにしたような印象。

たぶん「やりたい演出」が先にあって、話は後付的に作ってった感じなんだろうな。

構成として視聴者が先にタネ知ってて作品世界のキャラが後追い的にフォローしてく展開だったのも良くなかった気がする。

新OP同様に盛り上がりどころが無く、絶望的なまでにかったるい作品だった。