読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな今日この頃でして、、、

コード書いたり映画みたり。努力は苦手だから「楽しいこと」を探していきたい。

過剰なまでに高機能な体重計 Withings「Smart Body Analyzer」を買ってみた

年一回の健診でも気になる項目が出てきた今日この頃。普段ろくに運動もしないサラリーマン生活を続けていると、否が応でも健康に気を使う必要が出てくる。

何事も状況を正しく認識するのが大事ということで一時期はGrowthforecastにウェブフォームから体重を入力してグラフ表示させるなんてこともやっていたが、飽きやすい性格が災いして続かなかった。

先日、上京したての頃ドンキで買った体重計が壊れてしまったので、思い切って記録機能のある体重計を買ってみることにした。


昨今「スマート家電」なんて語が持てはやされているように、自動で記録を付けてくれる体重計も色々と発売されている。

SDカードにデータを入れるものやFeliCaBluetoothスマホアプリ経由でネットにデータをアップするもの、Wifiで直に接続するなどがある。

折角の自動機能、余計な手間は掛けたくないのでWifiで勝手にアップしてくれるものに絞ると、候補はオムロンカラダスキャン上位機種かWithingsのものになった。


価格帯は然程変わらないが、API連携の柔軟さ等はやはり海外企業の方が強い。(というか個人的に日本企業のITプロダクトってあまり信頼していない。)

奇しくも昨日「Google Fit」が発表されたように、米国では医療費が高いこともあって昨今ヘルスケアガジェット・サービスの開発が活発になっている。

そんなわけで、WithingsのSmart Body Analyzerを買ってみた。

f:id:blue1st:20141030234105j:plain


ちょっとクセのあるWifi設定

何はともあれ、まずはネットワーク連携のためのセットアップが必要となる。

まずはBluetooth接続が可能なスマホなりタブレットなりにWithingsのアプリをダウンロードしてアカウント登録を行う。

そしてSmart Body Analyzerの裏にある連携ボタンを押してBluetooth接続を行うことができる。


一応ここまで進めれば、Smart Body Analyzer→スマホアプリ→ネットという間接的な連携はできるようになる。


更にメニューを進めるとWifiの設定になるのだが、これが少し曲者だった。

僕の家庭内LAN環境ではWimaxを無線ルータに繋いで使用しているのだが、無線ルータからだと経路上の問題か上手く接続することができなかった。組み込み系Wifiでは良くあることだが、この辺のシビアさはITに慣れない人には厳しいかもしれない。

結局Wimax機器の方のWifiをONにしてそちらに接続することでネットワーク連携を行うことができた。


何に使うのか分からないが高機能

タイトルにも書いたが、このSmart Body Analyzerはちょっと高機能。

体重測定の他に体脂肪率BMI算定あたりは昨今の気の利いた体重計なら普通に対応してたりするが、コイツは更に

  • 心拍数測定
  • 気温計測
  • CO2濃度計測

までしてくれる。役に立つのかは分からないが、ガジェットオタク的には心揺さぶられる。


そして測定したものは当然のようにアプリでグラフ化してくれる。

f:id:blue1st:20141031011355p:plain


単に点を繋ぐだけじゃなくて傾向的な線を表示してくれるのが有難い。瞬間風速的な測定値に惑わされずに済む。

f:id:blue1st:20141031011408p:plain


また、目標体重を設定すれば、「今週は〜kgを目指しましょう」的な表示をしてくれる。


「体重を測る」という目的からすればやたらと高い買い物だったが、自動で記録・グラフ化から適切な目標設定までしてくれるのは、僕のような3日坊主には有難いところ。

コイツとエアロバイクで来年の健康診断に備えたい。

ALINCO(アルインコ) エアロマグネティックバイク AFB4010

ALINCO(アルインコ) エアロマグネティックバイク AFB4010