読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな今日この頃でして、、、

コード書いたり映画みたり。努力は苦手だから「楽しいこと」を探していきたい。

『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』はじめました

ゲーム MGS PS4

ついに来ましたMGS最新作!

なんだかんだでPSのソリッド以降は(後追いとはいえ)シリーズを外伝含めて全部やってたりするわけで、いっちょ前にファンと言えるかもしれない。

メインミッションそっちのけでサイドオプスやったりマザーベース増強したりしてるんで、ストーリーについては全く語れる段階ではないんだけど、ゲーム性に関しては大満足!

本作はPSPでリリースされたPEACE WALKERと、前日譚にあたるGROUND ZEROSに続くお話。

METAL GEAR SOLID PEACE WALKER PSP the Best

METAL GEAR SOLID PEACE WALKER PSP the Best

ザ・ボスを失い、米国から離反し、MSFを設立するもサイファーの襲撃により崩壊。

本作はそこからの再建の話となる。

ソ連から侵攻を受けているアフガンということで、ちょうどランボー三作目のあたりが舞台。

ランボー3/怒りのアフガン - Wikipedia

予想だけど、きっと9.11以降の問題ともリンクしたストーリーが展開されるに違いない。


操作性はGROUND ZEROS準拠であり、違和感ない操作感に加えて行けそうな場所にはだいたい行ける自由度があるのが楽しい。

blue1st.hateblo.jp

マップが基地内だけだった前作と異なり今回はアフガンの広大な土地ということで、美麗なマップを縦横無尽に移動しながら点在する敵拠点を遊撃する感じになる。

オープンワールドとなっているため、ミッション間に本筋とは関係のない場所で遊ぶこともできる。

そんなわけで僕はストーリー進行そっちのけで兵士を誘拐したり資源集めてマザーベースを拡張することに精を出してたりする。


本作での個人的な一番の見所はオセロットかもしれない。

4で「真相」が明かされた彼ではあるが、そこまでビッグボスに心酔する理由が本作できっと描かれるに違いない。

オセロットが兵士を射撃訓練を指導してる場面では思わずニヤけてしまった。


そういえばMGSの新作小説出てたんですな。

作家はPWの「野島 一人」。

特に可もなく不可もなくな印象なんだが、果たして新作はどうなっていることやら。

blue1st.hateblo.jp

前作の監督の気持ち悪いくらいのヨイショとデビュー作・新人にしては不遜とも取れる後書きからして、「野島 一人」はきっと小島監督自身なんじゃないかと思っているんだが、果たしてどうなんだろうか。