読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな今日この頃でして、、、

コード書いたり映画みたり。努力は苦手だから「楽しいこと」を探していきたい。

映画『selector destructed WIXOSS』感想

アニメ 映画

よくあるTCG販促アニメかと思いきや、 あまりにもダークなストーリー展開とめちゃくちゃに振り切れたキャラクターに圧倒されたアニメselectorシリーズ。

「selector infected WIXOSS」BOX 1(ウィクロススターターデッキ付) (初回限定版) [Blu-ray]

「selector infected WIXOSS」BOX 1(ウィクロススターターデッキ付) (初回限定版) [Blu-ray]

岡田麿里脚本に共通する感想ではあるが、 彼女の創りだすキャラクターたちの半ば狂気じみた、 だけどどこか生々しさがあってリアリティーが感じられるエゴの描き方が秀逸なのだ。

そんなキャラクターたちの関係性が拗れて転がっていく物語にはいつも引き込まれてしまう。

若干アレな言い方をすると、「話全体としての面白さ」は置いておくとしても、 少なくとも見ていて楽しい物語にはしてくれる、そんな信頼をおける作家さんなイメージがある。

(話全体はともかく~という話でいうと『M3』思い出す。あれも決して面白い作品ではないが、部分部分は好きなんだよな。)

M3~ソノ黒キ鋼~ Blu-ray BOX 1

M3~ソノ黒キ鋼~ Blu-ray BOX 1

さて、そんなselector~WIXOSSの劇場版が公開されたということで観に行ってきた。


この手のアニメ劇場版ではありがちなことだが、やはりというべきかほとんどは総集編。

流石に二期ものとなると尺が厳しい感じもあって、TVシリーズ未見の人が観に行くのには適さない印象。


今回の劇場版ではTVスタッフが再集結。TVシリーズをベースにしつつもストーリーが進むにつれ、流れが変わっていき最終的には別のストーリーが展開していくという、言うなれば “新解釈版「selector」”として制作。

というコピーからは何かアナザーエンディング的な展開になるのかと思っていたが、 どちらかといえば物語の補完といったところか。

開放されたルリグたちの会話に、ひたすらダークだった物語からの救いが感じられるのは良い。

そしてTVシリーズでは完全なる悪の権化であったウリスにバックグラウンドが与えられる。


元より結構行き当たりばったりな感じで作られたストーリーだったらしいので、 その辺りを綺麗に整理してくるのかと思ったが、特にそんな風には感じられなかった。

新要素の部分にあまり収まりが良いとは感じられず、 一作品の満足度という意味では値段分には達しないかなーというのが正直な感想。

とはいえ、久々に観るあきらっきーの振り切れっぷりはやっぱりグッと来るものがありますな。

分島花音 / 「Love your enemies」 劇場版『selector destructed WIXOSS』メインテーマ <通常盤>

分島花音 / 「Love your enemies」 劇場版『selector destructed WIXOSS』メインテーマ <通常盤>