読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな今日この頃でして、、、

コード書いたり映画みたり。努力は苦手だから「楽しいこと」を探していきたい。

最近観たもの

プライムビデオ アニメ 映画

『仮面ライダー555』

プライムにて。

第1話

第1話

何かと評論のネタにされるクウガや色々の元ネタとなった龍騎を押さえればと思って観始めた平成シリーズだったんだけど、 アギトも観たので流れで555も観てみた。

意図せず怪人オルフェノクになってしまった者の苦悩や、「人間」の線引き、そして濃厚な人間ドラマなど、 群像劇として極めて高いレベルでまとまっていて非常に見応えがあった。

強いていうならデルタ三原がどうしても影が薄いのがなんだか勿体無かった気がする。

前作に引き続いて映画はパラレル路線。


『91 Days』

録画にて。

禁酒法時代を描いた、復讐の物語。

世間の流行からするともっと耽美的な方向へ行くかと思ったら、 思いの外本格志向のマフィアものに仕上がっていて楽しめた。

密造酒がテーマの作品だと、個人的には『欲望のバージニア』を思い出すところ。

blue1st.hateblo.jp


『プライベート・ライアン』

プライムにて。

戦争映画は好きなジャンルなのだけど、機会が無くて観れてなかったビックタイトル。

ありがたいことにプライムビデオに追加されたので観てみた。

より多く人間を救うためには、国民を犠牲にしてでも戦争を継続してドイツを叩かなければならない。

だが、国内の戦意を保つためには部隊を犠牲にしてでも一人を救わなければならない。

合理性の名の下に、すり潰されていく個人の魂。

当時評判だった冒頭の上陸作戦のシーンは今からすると正直そこまで衝撃的には感じられなかったものの、 なるほど演技の構成の緊迫感には目を見張るものがあった。


『L.A. ギャング ストーリー』

録画にて。

街に巣食うギャングたち。

彼らは莫大な資産をもって各界への影響力を強めていた。

法で縛れぬ奴らを叩くため、はぐれ者の警官たちが身分を隠して部隊を結成する。

L.A.を舞台に、法を超越した血を血で洗う戦争が始まる。

ストーリー性としてはありがちな西部劇をマフィアものに置き換えたような感じではあるが、 これが実話が元にあるというから驚き。


『あるいは裏切りという名の犬』

プライムにて。

フランス流いぶし銀。

警察組織内の汚職、絆、そして因果応報。


『華麗なるギャツビー』

録画にて。

2度目の鑑賞だったのだけど、どんどん引き込まれて見入ってしまった。

ド派手な映像とアッパーな音楽で彩られた極彩色の画面。

そこに描かれる、愛のためにあらゆるものを手にしながら、儚くも失っていくギャツビーの切なさ、都市の無常さ。


『複製された男』

複製された男 (字幕版)

複製された男 (字幕版)

男の内に眠る分裂症のような欲望と理性。

街に絡め取られ、愛に捕食され・・・


『007 スペクター』

プライムにて。

007 スペクター (字幕版)

007 スペクター (字幕版)

ダニエル・グレイグ版007の集大成にして、過去作へのオマージュが多く含まれる一作。

なんだかんだとシリーズはほとんど観ているので、「あれ?このシーンは・・・!」と気づく場面がたくさんあって楽しめた。


『電人ザボーガー』

プライムにて。

電人ザボーガー

電人ザボーガー

友人の強い勧めもあって観てみたんだけど、いやぁこれは凄い。

昭和特撮的なダサさアホくささを真正面からやり切っている。