読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな今日この頃でして、、、

コード書いたり映画みたり。努力は苦手だから「楽しいこと」を探していきたい。

『アイドルマスターシンデレラガールズ ビューイングレボリューション』感想

PSVR PS4

cinderella.idolmaster.jp

PSVRの女の子コンテンツは『サマーレッスン』があるしスルーしようかと思ったんだけど、 せっかく買えたMoveモーションコントローラの使い道も欲しいしということで、 『アイドルマスターシンデレラガールズ ビューイングレボリューション』(いわゆるデレマスVR)を買ってみた。

PlayStation Move モーションコントローラー

PlayStation Move モーションコントローラー

(バットマンとかUntil Dawnとかやるにはもう一本必要だし、Rezはちょっと活かせなかった)


内容としては3Dモデルのアイドルたちの「Star!!」「お願い!シンデレラ」「Yes! Party Time!!」の3曲のステージを正面2列目、左右2段階、遠方の計6つの場所から鑑賞できる。

モーションコントローラがペンライトとなり、周囲の観客との一体感を楽しめる。

アイドルの編成とか衣装とかは固定と、据置機のアイマスにあるS4U!的な遊び方もできないのは残念なところではあるが、 まあ値段なりといったところか。実験作といった位置づけだと思うし。

blue1st.hateblo.jp

キャラ別にペンライトやリストバンドをDLCで販売するのが話題になってたけど、 個人的には良い位置で鑑賞するためには「チケット」を購入する必要がある的な極悪な仕様を想像してたので、 普通に楽しむ分には別段DLCを買う必要もないので全然問題無い範囲かなーと思ってる。


VRゲーム全般に言えることではあるが、実際に体験すると事前のスクリーンショットやPVの印象よりもかなり「近い!」という印象を受ける。

通常のゲームはどうしても画面という枠があるためどれだけ近づいたような表現をしたところで「窓の向こう側」なのに対し、 視界いっぱいにゲーム世界が広がるVRでは本当に近くにあるように感じられるのだ。


ペンライトについては、腕の動作への追従性なんかは十分なんだけど、肘の動き方なんかに違和感を感じることもあった。

(まあカメラが捉えるスフィアの動きとコントローラの傾き検出だけなんでしょうがないっちゃしょうがないけど)

とかく、ポイントの認識自体は結構的確に行われてる印象なんで、今後発売されるであろうガンコンを使ったFPSなんかには期待したいところ。

www.4gamer.net


さて、曲とかアイドルとかについてなんだが・・・ 残念ながら僕はソシャゲはやらないし、アニメもまだ積んでるから何とも語りようがないんだよな。

アイドルものって結局のところキャラクターの「文脈」を踏まえて楽しむ娯楽なわけで、 この辺はどうしても入り込めないとこである。

そろそろアニメの方を消化していくかな。

しかし、ペンライト振るのもなかなかタイミング難しいし、結構疲れますな。

リアルのライブでこれをやる人たちは凄いなぁ。

blue1st.hateblo.jp