読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな今日この頃でして、、、

コード書いたり映画みたり。努力は苦手だから「楽しいこと」を探していきたい。

祝・予約、Nintendo Switchに期待することなど。

NintendoSwitch ゲーム ガジェット

予約したぜイエーイ

印象の変遷、「奇抜さに欠ける」→「新しさを強要されない」

Nintendo Switchの発表当初は、僕は正直なところあまりピンと来なかった。

マリオもスプラトゥーンも!NX改め「Nintendo Switch」の発売タイトルと参入会社 - Engadget Japanese

携帯機と据置機のハイブリッドって噂は本当だったかー。確かに最近は携帯機でもスペック高いし、分離可能なコントローラの使い方は面白そうだけど、アレもコレもなデザインには若干の不安感。

2016/10/21 01:14

「携帯機でありながら据置機」というコンセプトにはサイズとスペックの虻蜂取らず感があり、 コントローラ周りはギミッキーで任天堂ハードらしい頑丈さが損なわれていそうに見え、 その割に「このハードならではの新機軸」みたいなものが見えなかった。

となると実質はハイエンドなタブレットでしかなく、 市場には既にiPadやAndroidタブレットがありゲームも数多くリリースされている中で、 「コントローラ付きタブレット」以上の何かは期待できないのではないかと思っていた。

もっと言えばSheildタブレットの使い回しであり、任天堂らしい「新しい遊びの提案」への期待からすると若干の失望感もあった。

また、価格帯もかなり高めになるんじゃないかと予想していた。


だが、しばらく時間が経ちタイトルやハードの情報が出回ってくる中で、 僕の中でいくらか考えが変わってきた部分があった。

単なるSheildタブレットの使い回しということは、 裏をかえせば標準的なアーキテクチャでゲーム開発できるということであり、 画面が2つあったり珍奇なコントローラを強要されたりといったことが無く、 サードパーティが参入しやすいのではないか。

加えて普通のタブレットとは異なり標準的なコントローラがあり、 ハードウェアのスペックは固定されていて、 そして任天堂のプラットフォームがあることで、 十分に本気度の高いタイトルが供給されうるのではないか。

これまでの任天堂ハードのような「新しさ」を強要されないのがむしろ良い方向に作用するのではないかと思えてきた。


そして一見プレーンなゲーム機に見えるが、 実は色々な機能が備わっているコントローラも興味深い。

タブレットにワイヤレスなモーションコントローラという構成は、 GoogleのDaydream的なタブレットをヘッドセットに固定する方式のVRなんかもありえるんじゃないかと期待させられる。

Wiiなんかをみるとコンソールゲームではせっかくの高機能なコントローラが持て余されている印象が強かったが、 VRでは価値が出てくるのではないかと思えた。


そんなわけで徐々に僕の中で「買ってもいいかも」「いや買ってみたい」となり、 案外手を出しやすい価格帯だったことも手伝って、 今回は予約合戦に参戦してみることにした。


そこまでハードでは無い予約戦、割と供給体制には余裕ある?

予約といえば最近(でもないか)だとPSVRが記憶に新しい。

blue1st.hateblo.jp

PSVRの時は、 7月8月と予約開始時間からPCに張り付いていてもダメで、 9月になんとか予約出来たクチだったりする。

そんなわけで今回もかなり警戒していて、 事前に1Clickの設定をオンにしたりそれっぽい検索ワードでの検索した画面を複数タブで開いたりと激戦に備えていたのだが・・・ これが意外とすんなり予約できてしまった。

Amazonでは9時開始だったのが目測では8~9分ぐらいまでは予約ボタンが生きてそうな感じ。

(ちなみにしばらく眺めてた感じだとグレーより赤青の方が人気ありそうで、先に予約できなくなってた。)

加えてヨドバシは(予約開始時間にサイトが落ちてたせいではあるけど)昼時まで予約できる状態だったようだ。

PSVRが秒単位の争い、文字通り瞬殺状態だったことと比較すると、案外大人しい印象を受けた。 (このへんはガジェットオタクの感覚がおかしいのかもしれないが・・・)


ゲーム機本体か周辺機器かといった違いや、 汎用的な部分が多いタブレットとレンズなどの特殊な部品の多いVR機器との差で、 割と生産台数が揃っているんじゃないかと予想。

きっと2月の予約もそこまでハードな感じにはならないだろうし、 発売後も供給体制は安定するんじゃないかと思うので、 焦って転売屋に手をだす必要はないのではなかろうか。


買ったものとか期待とか

そんなこんなで個人的な話。

僕が発表されたタイトルで刺さったのは『ゼノブレイドⅡ』と『スプラトゥーン2』だったんだけど、 いずれもローンチではない。

事前には何も考えてなかったんだけど、 ひとまず一人用の大作っぽいのとパーティーゲームを一本ということで『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』と『SUPER BOMBERMAN R』をポチり。

スーパーボンバーマンR

スーパーボンバーマンR

ゼルダシリーズは実は一個もやったことが無いのだけど、PVが良さそうな感じだったので。

www.nintendo.co.jp

イカの品薄の例もあるし、amiibo買っとくべきか悩む。

ボンバーマンは職場に持っていったら手堅く盛り上がれそう。

www.nintendo.co.jp


実のところ、個人的にはSwitchには次世代ハードというよりもバーチャルコンソール機として期待している側面が大きい。

昔懐かしのゲームをコントローラ分離させて多人数対戦とかできたら面白そうだなーなんて思っている。

気軽に持ち運べてオッサン同士で懐ゲーをワイワイ遊ぶ、 そんなコミュニケーションツールになってくれるんじゃないかと期待している。

『ファイナルファイト』とかやったら面白そうじゃない?