そんな今日この頃でして、、、

コード書いたり映画みたり。努力は苦手だから「楽しいこと」を探していきたい。

映画

アニゴジ3こと『GODZILLA 星を喰う者』感想

どうせNetflixに入るしなーとか色々迷ったんだけど、毒を食らわば皿までということで観にいてきましたアニゴジ最終章『GODZILLA 星を喰う者』。 godzilla-anime.com 総力戦の末にゴジラを休止状態にまで追い込んだものの、同時に多くの装備や人命と唯一の対…

実写・韓国版『人狼』感想

何気なくNetflixを眺めてたら韓国で実写化された『人狼』が配信されていたので観てみた。 www.netflix.com 本作はアニメ映画『人狼 JIN-ROH』を元にしつつ、舞台を2029年の南北統一に揺れる韓国に移している。 人狼 JIN-ROH発売日: 2016/09/07メディア: Prim…

『フリクリ プログレ』感想

『フリクリ プログレ』観てきた! 前回の『〜オルタナ』は「フリクリ」という題材を用いながら日常と非日常の反転を描いた災害映画のような作りだったんだけど、対して本作は真っ向から「フリクリの続編」を志向したものに見えた。 blue1st.hateblo.jp

『フリクリ オルタナ』感想

フリクリ続編が上映ということで観てきました! flcl-anime.com 世間では厳し目の評論が多くてなんだかなーという感じではあるんだけど、こういうのは自分なりに咀嚼するのが大事ということで。

『アナイアレイション -全滅領域-』感想

特に観に行きたいものがない週末ということで在宅映画鑑賞。なんとなくSFっぽいビジュアルが目について『アナイアレイション -全滅領域-』を観てみた。 www.netflix.com とある灯台に宇宙からの飛来物が落下し、周囲に奇妙な領域=シマーを作り出していた。そ…

『ハン・ソロ』感想

スターウォーズというと過去の作品は半ば教養のつもりで押さえている程度だったし、ここ数年の作品も今ひとつピンと来なかった身としては期待度が低かった本作。おまけに米国では大コケだったという話も耳にしてだいぶモチベーションも低かったんだけど・・…

『デッドプール2』感想

観てきましたデッドプール2! 今回も初っ端からお隣さんのMARVELヒーローから競合のDC系列、果てはアナ雪までネタにする傍若無人っぷりを発揮。007をもじったOPには笑わされてしまった。 予算が付いたのかX-MENの面々がチラッと出てくるのもシリーズファン…

アニゴジ2こと『GODZILLA 決戦機動増殖都市』感想

アニゴジ二作目、『GODZILLA 決戦機動増殖都市』が公開されたので観てきた! blue1st.hateblo.jp ゴジラ・アースに敗れた降下部隊の残党は、地球人類の末裔であるフツアの民に捕らわれる。そこで彼らは、かつて対ゴジラ兵器メカゴジラの素材として開発され、…

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』感想

観てきましたアベンジャーズ最新作インフィニティ・ウォー。 marvel.disney.co.jp 見応えのある場面は多かったしラストにはびっくりしたけれど、物語としてはちょっと満足度低めかなー。 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』がチョイ役かと思いきや結構…

『レディ・プレイヤー1』感想

先週の『パシフィック・リム アップライジング』に続き、今週は『レディ・プレイヤー1』の4DX・吹き替えを鑑賞。これまた4DX向けな作品でした。 wwws.warnerbros.co.jp アニメ・ゲーム・映画と新旧様々なネタが入り乱れた、まさにおもちゃ箱をひっくり返し…

『パシフィック・リム アップライジング』感想

遂にあの『パシフィック・リム』の続編が公開!今回は気合を入れて4DXを選択。普段ならだんぜん字幕派なんだけど、4DXの迫力を全身で受け止めるために吹き替えで観てきた!! 前作は物語的には微妙な部分はありつつも、しかしそれ以上に「往年のロボアニメ的な…

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』感想

リュック・ベッソンといえば世界に名だたる監督ではあるけど、個人的には割と駄作ばかりなイメージを持ってしまっている。SFということで本作も観に行ってみたのだが・・・これもそのうちの一つに加わってしまった感じだ。 ヴァレリアン (ShoPro Books)作者:…

『ブラックパンサー』感想

評判通りの力作だった!アフリカ系の音楽・美術は目新しく、アクションも格好良い。 ブラックパンサー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社発売日:…

『さよならの朝に約束の花をかざろう』感想

「岡田麿里が監督やってる」ぐらいしか情報を仕入れずに観に行ったんだけど、いやー、良かった。 まだ僅かに伝説が生きる世界。子供の姿のまま数百年を生きるイオルフの民は、人里離れた地で布を折り暮らしていた。 だがある日、その長寿の血脈を狙う帝国メ…

『ダークタワー』感想

先週先々週と忙しかったので二週間ぶりの映画館。ちょうど今週から上映ということで『ダークタワー』を観てみた。 Dark Tower / [Blu-ray] [Import]出版社/メーカー: Sony Pictures発売日: 2017/10/31メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (1件) を見る 少…

『オリエント急行殺人事件』感想

例年通り正月イベントを全く無視して映画の日ということで『オリエント急行殺人事件』を観にいってきた。 オリエント急行殺人事件 (角川文庫)作者: アガサ・クリスティ,田内志文出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/11/25メディア: 文庫この商品を含むブ…

『ザ・ウォーク』感想

以前に超映画批評サイトのスクレイピングをした際に高評価で気になっていた作品。(あのサイトは個別には変なこと書いてたりするけど、大まかな点数の感性にはそこそこ信頼が置けると思ってる) ザ・ウォーク (字幕版)発売日: 2016/04/06メディア: Amazonビ…

2017年一番良かった《映画・ドラマ・アニメ》

ちょうど良い感じのお題が出ていたので乗っかってみる。 #2017年一番良かった《映画・ドラマ・アニメ》 Sponsored by Netflix 映画 何観たっけなと思ってブログのカテゴリーから見てみると、今年はアメコミ映画やらアニメ映画やらで盛りだくさん。 映画 カ…

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』感想

金曜日から公開の『スターウォーズEp.8 / 最後のジェダイ』。元々シリーズに愛着は無い上にEp.7もローグ・ワンも世間の評判ほどにはピンと来なかったクチなのでそんなに期待値が高かったわけでもないけれど、映画好きを名乗る以上は外すわけにはいかないとい…

『ジャスティス・リーグ』感想

仕組まれた対決を経てスーパーマンは死に、バットマンはその役割を引き継ぐために超人=メタヒューマンによるチームを作ることを決意する。 DC版ヒーロー大集合映画『ジャスティス・リーグ』が公開されたので観に行ってみた! ヒーロー達の小気味良いやり取…

アニゴジこと『GODZILLA 怪獣惑星』感想

CGアニメ作品として製作されたアニゴジこと『GODZILLA 怪獣惑星』を観に行ってきた! godzilla-anime.com 作品発表の段階では、SFっぽいビジュアルに「怪獣という題材は都市と対比してこそ映えるものなのに?」と疑問に思い、更によくよく読んでみると異星の…

『Drive』感想

なんとなくブレードランナーからのライアン・ゴズリングつながりで観てみたのだが、これは大当たりだった。 ドライヴ発売日: 2015/02/16メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログを見る 昼は自動車修理工とカースタント、夜は強盗の逃がし屋で口糊を凌ぐ…

『猿の惑星: 聖戦記』感想

前作『新世紀』でシーザーの意思に反して始まってしまった人類と猿との全面的な戦争。あくまで積極的な衝突を避けていたシーザーではあったが、苛烈なまでの執念をもつ「大佐」に率いられた軍隊の奇襲によって妻子を失い、ついにコバのように憎しみに染まっ…

『ブレードランナー2049』感想

待望のブレードランナーの続編がついに上映開始!ドローンありプロジェクションマッピングありと21世紀らしいアップデートが加わったブレードランナーの世界を堪能してきた。

『猿の惑星: 新世紀』感想

『猿の惑星: 聖戦記』がなかなか評判が良さそうなのでSF好きだとしてはチェックしたいところだったのだけど、その前に前作の『新世紀』を先に観ておかねばなるまいということで。上映当時は「類人猿の騎馬軍団」というビジュアルのB級感に敬遠してしまったの…

『バリー・シール/アメリカをはめた男(原題: American Made)』感想

CIAの任務の傍らで麻薬の運び屋もしていた天才パイロット、バリー・シールを描いた作品。ナルコス好きとしては見逃せないということで観てきた! バリー・シール アメリカをはめた男 ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エン…

『ドリーム(原題: Hidden Figures)』感想

邦題のサブタイトルで一悶着あったあの映画。建前上の平等はあれど差別意識が色濃く残る60年代での、3人の女性のマーキュリー計画での活躍を描いた作品である。 ドリーム NASAを支えた名もなき計算手たち (ハーパーBOOKS)作者: マーゴット・リーシェタリー,…

Netflix版『DEATH NOTE』感想

『DEATH NOTE』は直撃世代ということで、これはスルーするわけには行くまいと思って観てみたのだが・・・ www.netflix.com 舞台がアメリカに移っただけに留まらず、キャラクターにもかなり手が加えられている。夜神月にあたるライト・ターナーは秀才ではある…

『ダンケルク』感想

第二次大戦、ブリテン島とドーバー海峡で隔てられたフランス最北端ダンケルク。その海岸にイギリスとフランスの連合軍は追い詰められていた。陸からはにじり寄る戦車隊、空からは爆撃と機銃、海にはUボートが潜み、そこはまさに死地であった。 ダンケルク ブ…

映画『アサシンクリード』感想

事前にググったりゲームを多少やったりで予習していったし、この手の話に対して比較的物わかりが良い方だと思っていたんだけど、それでもこいつにはついていけない・・・ アサシン クリード (字幕版)発売日: 2017/06/07メディア: Amazonビデオこの商品を含む…