そんな今日この頃でして、、、

コード書いたり映画みたり。努力は苦手だから「楽しいこと」を探していきたい。

アニメ『終末のイゼッタ』感想

 ヨーロッパ戦線×魔法という舞台立ては前に観た(放映的にはこっちが先だけど)『幼女戦記』と同じ。やはりこう、現実的な兵器とこの世ならざる魔法の組み合わせにはグッと来るものがありますな。

blue1st.hateblo.jp

 柔らかいキャラデザに似合わず情報戦も諜報戦もあるハードな舞台設定や、魔法といえども無敵ではない巧妙な道具立てには引き込まれた。どうにも百合的な演出のあざとさが過ぎるなと思えて鼻白んでしまう場面もあり、全体としてみると話の硬軟の織り交ぜ方が大雑把な印象をもってしまうものの、物語の納め方は綺麗で好みだった。

イゼッタ

イゼッタ