読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな今日この頃でして、、、

コード書いたり映画みたり。努力は苦手だから「楽しいこと」を探していきたい。

O'Reillyの半額セールで買った電子書籍をKindleにメール転送してみる

そういえばこのブログを始めた当初は、引っ越しの時期だったこともあって自炊とか一生懸命やってたのを思い出した。

blue1st.hateblo.jp

結局のところ自炊するにも時間や気力がいるしKindleはそんなに自炊本読むには向いてないし、そもそもKindleで発売される書籍も増えてきたしで、「ガジェット遊び」としてKindleをいじる機会は無くなってきたのだけど、一方で「普段使いの読書デバイス」としてはもはや無くてはならない存在になってきた。

今では何か欲しい本があった時はまずKindle版がないかを確認するようになっている。

Kindle Paperwhite (第6世代) ―Wi-Fi + 3G

Kindle Paperwhite (第6世代) ―Wi-Fi + 3G


さて、電子書籍というと気がかりなのはプラットフォームとしていつまで存続してくれるのかという点である。

かくいう僕も天下のAmazon様のKindleストアか、もしくは一冊で個別のアプリでリリースされているものしか買ったことがない。

それ以外の手段は二の足を踏んでしまっていたのだが、表題のO'Reilyに関してはKindleやその他の読書デバイスやアプリで読める電子データをそのまま販売しているということで思い切って買ってみた。


O'Reillyストアで買ってみる

O'Reilly Japan - [終了しました] Deal of the Day - オラコレiOS版リリース記念でEbook18タイトルが50%オフ! - Information from O'Reilly Japan

セールのページからカートに入れて進むと、アカウントを作れといわれる。

名前やらメールアドレスやらパスワードを入力し、登録メールが届くのを待つ。

メールが届いたので別窓で本登録を済ませて戻ると、折角カートに入れた本がリセットされてたのはちょっと嫌っぽい。

アカウント無い人は先に登録しておこう。


購入の処理はお馴染みPaypal経由。

支払いが完了するとメールが飛んできて、そこに記載された個人の書棚にアクセスして書籍データをダウンロードする形式。

今回は

  • デザイニング・データビジュアライゼーション
  • 入門Sinatra
  • D3をはじめよう
  • リーダブルコード
  • サイ本

を購入してみた。

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

  • 作者: Dustin Boswell,Trevor Foucher,須藤功平,角征典
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2012/06/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 68人 クリック: 1,802回
  • この商品を含むブログ (132件) を見る

JavaScript 第6版

JavaScript 第6版

半額につられて読むか微妙なタイトルまで買ってしまった…


書籍によってPDFだけだったりePubとmobiがあったりと形式が異なる。

f:id:blue1st:20140423002001p:plain

ちなみにKindleで読む場合はmobiをダウンロードしておこう。

Kindleへメールで転送する

そういえば手元にケーブルないしということでメールでの転送方法を試してみることにした。

Kindleの設定メニューより「端末オプション」から「Kindleのカスタマイズ」を選び、転送用のメールアドレスを確認する。

〜〜〜@kindle.comというのがそれ。


そしておもむろに電子書籍データを添付したメールを上記アドレス宛てに送ってみる。

f:id:blue1st:20140423002021p:plain

ちなみにこれ、容量さえ許せば複数のファイルも一気に添付して問題ないようだ。

タイトルや本文は特にいらない。


初回だと暫く待つとAmazonから「クラウド環境に納めましたぜ」とメールが届く。

おなじみのAmazonのページの「アカウントサービス」より「My Kindle」を開き、「パーソナルドキュメント」を選択すると、今回転送したファイルが確認できる。

f:id:blue1st:20140423002213p:plain

ちなみにmobiファイルはタイトルが表示されるが、PDFは(当たり前だけど)ファイル名のままになってしまうので、予め本のタイトルにリネームしてから送るのが良さそう。

ここの「アクション」ボタンから個別にファイルを削除したり、手持ちの端末に転送をかけることもできる。


ここで僕はせっかちなんで端末に転送をかけてしまったが、メールで送るだけでKindleにも入るようだ。

Kindleストアでの購入本と違って重複してダウンロード出来てしまうので注意。

感想

とにかく簡単に転送・管理できるので、多少時間かかることを差し引いても複数端末持ちは「とりあえずMy Kindleに上げとく」という運用で問題無い気がする。

やはりPDF形式の書籍はKindlePWでは見づらいが、これはiPad等で見る分には問題なさそう。


追記

メール以外の方法について

blue1st.hateblo.jp