読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな今日この頃でして、、、

コード書いたり映画みたり。努力は苦手だから「楽しいこと」を探していきたい。

『スーサイド・スクワッド』感想

ヒーロー・英雄 映画

公開日ということで観に行ってきた!

なんか期待してたのと違うなー

ものっそい大衆迎合感!

DCヴィラン版アベンジャーズといったところか。

ポップでライトな雰囲気

DCの映画はマーベルに比べてダークでシリアスな作風な印象が強い。

ダークナイトシリーズあたりまではその雰囲気が作品に重厚感を与え、 コミックヒーローものを見事「大人向け」の作品として昇華させていたのだが、 近年の『マン・オブ・スティール』や『バットマンVSスーパーマン』ではそれが空回りし、 単に客が取っつきにくいだけの作品となってしまっていた。

blue1st.hateblo.jp

そういった反省を踏まえてなのか、本作はポップでライトで分かりやすい作品となっている。

倒すべき敵は明確で、戦いに葛藤は無く、裏側に陰謀もない。

今作でも『バットマンVSスーパーマン』同様に関連作や今後の展開を見越した場面が入れられているが、 あちらほど脈絡ないわけでも観客置いてきぼりな感じでもない。

何ら小難しいことを考えることなく、個性的なキャラクターたちが暴れまわるのをビール片手に眺めれば良い。

良くも悪くも、特に評することの無いストーリー性だった。

悪人・・・?

個人的に大いに不満なのがキャラクター性。

大衆受けを狙ったゆえのことだと思うのだけど、作品全体に毒っ気が足らない。 どいつもこいつも悪人っぷりが表面的なのだ。

あいつら仲間がどうたらいう柄かよ? 何だよその平和な家庭の夢は??

『ダークナイト』冒頭の銀行強盗のシークエンスの誰が誰を殺してもおかしくない雰囲気、 ジョーカーの目的のためなら手段を選ばないサイコパスっぷり。

ダークナイト (字幕版)

ダークナイト (字幕版)

そういう本物のヴィランが見たかったのであって、こんな生ぬるいハートフル展開なんか(少なくとも僕は)望んじゃいなかった。

『スモーキン・エース』的な、全員が全員悪人なんだけど、なんかかみ合って物事が転がっていくようなものが見たかった。


そんなわけで個人的にはかなり不満度が高いんだけど、 BGMとか画の雰囲気とか、 いかにも「泣けー」な臭い演出が無いという点については良かったと思う。

次は『ワンダーウーマン』や本命の『ジャスティスリーグ』が控えてるわけだけど、 さてどうなるやら。