読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな今日この頃でして、、、

コード書いたり映画みたり。努力は苦手だから「楽しいこと」を探していきたい。

『スター・ウォーズ バトルフロント』感想

ビックタイトルではよくあることだが、どうにも両極端な評価ばかりを目にする本作。

Star Warsバトルフロント

Star Warsバトルフロント

スター・ウォーズは教養としておさえとこうとは思ってるけどそこまで熱狂的なファンでもない、 FPSも各ハードで何作かは買ったりはするけどそこまで熱心でもない程度な僕なりの感想を書いてみようと思う。


プレイ感、マリオカート的な印象

FPSには大きく分けると

  • スポーツ系FPS:ピョンピョン飛び回ってガンガン撃ち合いする、個人技の割合が大きい

  • リアル系FPS:数発分程度の体力と身長を超えない程度のジャンプ力で、チーム力が問われる

という2つの潮流があるが、本作は基本的にはリアル系に属する遊技感である。

光線が飛び交いバックパックで一時的に大ジャンプできても、やれること自体は普通の人間の範囲に収まっている。

周囲の動きに合わせて敵陣へと突撃しては敢え無くやられたり、物陰に隠れて出会い頭を狙ったり。

前にDestinyをやっていた時はあれを「スター・ウォーズみたい」などと思っていたけど、なるほどモブの兵に着目すればこっちの方が世界観に即している。

blue1st.hateblo.jp


だが、ヒーロー/ヴィランになると印象が一変する。

リアル系のなかにひとりスポーツ系が迷い込んだような感じ。

これで敵陣を引っ掛け回したり、味方を率いて形成を逆転するのだ。

個人的に一番好きなのはルーク。

軽快なフットワークでマップを駆けまわり、ライトセーバーでバッサバッサを雑魚を刈っていく爽快感を味わえる。


その他に大きな要素でいうと、マップ上のパワーアップアイテムだろうか。

これを拾って活用していくことで、有利に戦闘を進めることができる。


リアル系というとちまちました面倒な操作感のイメージがあるが、本作ではリロードが不要だったり操作ボタンが少なめだったりと、煩雑さが抑えられている。

また、マップについても障害物が多く(まだ発売されて間もないせいもあるのか)出会い頭での撃ち合いになりがち。

上級者に一方的にわけも分からず長距離狙撃されるシチュエーションは無さそうだ。


このように、全体に勝負が技巧一辺倒にならないようにしようという設計の思想が伺える。

初心者も勝負に絡めるマリオカート的な方向を志向したものなのだという印象を受けた。


シングルプレイについて

見た限りの最大の不評要因が、ストーリーを進めるいわゆるキャンペーンモードが無いこと。

確かに用意されてればクリアしようという気にはなる、あればあったで嬉しいものではあるが・・・

しかし近年のFPSはどうあってもやはりマルチがメインなわけで、個人的には必ずしも欠かせないものだったとは思わない。


本作ではキャンペーンモードが無い代わりに、各種乗り物を使うトレーニングやAIと戦うバトル、敵の波状攻撃をサバイバルといったミッションが用意されている。

BF4やDestinyや、厳密にはFPSではないがSplatoonをプレイしていると、「AI相手の練習モードがあればなー」と思うことが多い。

あくまで個人だけでキャンペーンモードほど腰を据えてやる気はないけど短時間だけサクっと遊びたいという欲求があるのだ。

そのあたりの要求を汲んでなのか、個人向けに短時間の豊富な遊びを提供してくれていることは素直に嬉しいと思う。



そんなわけで、個人的にはすごくオススメという程ではないが安心して遊べる、それなりに満足感の高いタイトルという評価だったりする。

グラフィックは言うまでもなく素晴らしい出来だし、マルチプレイの豊富なルールもなかなか楽しい。

硬派なFPSを求める層には技巧以外の要素が大きく絡むのが不満点になるかもしれないが、逆に言えばライト層が気軽に参入できるともいえる。

スター・ウォーズファンはもちろんのこと、これからFPSをやってみようという方なら普通に楽しめるのではないかと思う。

Star Warsバトルフロント

Star Warsバトルフロント


追記

こんなん出るらしい。

japanese.engadget.com

僕の持ってる↓のでもいけるはずなんで楽しみ。

blue1st.hateblo.jp

更に追記

Googleさんの茶目っ気

a long time ago in a galaxy far far away - Google 検索